前へ
次へ

築年数がかなり経過している賃貸マンション

賃貸マンションは、日本で多く存在しています。その中には、新しい物件もあれば築年数がかなり経過しているマンションもあります。基本的に、古いマンションは賃貸料が安く設定されている事が多くお得に住むことができます。賃貸料が5万円未満の事も多く中には3万円以下の物件もあり少しでも生活費を節約したい人にとっておすすめです。しかし、この古い賃貸マンションには少し欠点があり、それが地震に弱いという事です。建設してからかなり時間が経過している場合は、当然設備やマンションの基盤の部分が劣化している事が多いです。特にリフォームなどをしていない場合だとかなり劣化している事があり耐震強度が弱くなっている事が多いです。もし、このような状態で大きな地震が起きた時にマンションが崩壊してしまう可能性もあり注意が必要です。耐震強度が弱くなっているマンションに住むのであれば将来的に地震の危険がないのか調査しておく事が大事です。

Page Top