前へ
次へ

賃貸マンションは保証人が必要な事が多い

賃貸マンションを不動産屋で探す時には、入居手続きの時に保証人が必要になるケースが多いです。保証人は不動産屋によって違いますが一人または二人の事が多いです。もし、保証人を準備できなかった場合は入居できないケースもあるのであらかじめ保証人を誰にするのか決めるようにします。基本は親族がおすすめです。親族が保証人だと不動産屋も安心しやすいですし、保証人になってほしいと頼みやすい利点があります。友達だと保証人になってほしいとなかなか言えない事があります。また、保証人は誰でも大丈夫というわけではなくて収入があり過去にこれから契約しようとする不動産屋に迷惑をかけた事がない人を選ぶ必要があります。また、不動産屋の中にはカード会社などに賃貸料の回収を依頼している事があるので、その場合だと信用情報も重要な要素になります。過去にクレジットカードやキャッシングなどで滞納や延滞などがある人を保証人にすると賃貸マンションの入居審査に通らない可能性があります。このように慎重に保証人を選ぶ事も必要です。

Page Top